文字を3Dにしよう
ここでは、「ワードアート」を使って作成した文字を
3Dに仕上げる方法を説明します。「ワードアート」については
「タイトル文字をカラフルにしよう」をご参照ください。

1ワードアートで作成した文字をクリックし、文字の回りに「○」が現れている状態にします。
 office2002でワードアートを作成後、上の文字の回りに「○」を表示させるには、
 作成した、ワードアートの文字をクリック→右クリック→「ワードアートの書式設定」の画面の状態を出し、
 「レイアウト」タブより、「背面」または「前面」を選択し、文字が自由に動ける状態にします。
 この「○」がついた状態が、自由に文字を動かすことのできる状態です。
 詳しくは、「タイトル文字をカラフルにしよう」をご参照ください。

2ワードアートをクリックして、文字の周りを「○」にした状態で、「3-Dスタイル」をクリックします。
そうると、下のように、どの様な3Dにするのか選択する画面がでてきます。
今回は、「3-Dスタイル1」を選択します。(クリックします。)
この「3-Dスタイル」のアイコンが出ていない場合は、
「表示」→「ツールバー」→「図形描画」をクリックして、表示させておきます。

2このままでも、文字が3-Dの状態になり、とても、迫力ある画像になるのですが、
さらに、「3−Dの設定(3)」より、いろいろな表現をすることができます。
下のウインドウがその設定画面です。
いろいろと触って、お気に入りの文字を作成してみてください。


HOME