吹き出しマークを付けてみよう

画像を挿入した後に「吹き出しマーク」を入れるとちょっとした
ワンポイントになります。簡単ですので是非覚えておきましょう^^
1バーのメニューから「オートシェイプ」→吹き出しを選択し、今回は
 下の図の吹き出しを選択します。
 (「オートシェイプ」のメニューが見当たらないときは、
 表示→ツールバー→図形描画をクリックしてメニューをだしておきます。)

2「描画をここに作成します」のボックスが出てくるので「Delete」キーで
  削除しておきます。

3クリック&ドラッグをしながらマウスを動かしていくと下の図のように
  吹き出しが描けます。(図の左)再度枠の上でクリックすると右の図のように
  枠の模様が変化したのがお分かりでしょうか?
  このように変化をさせると吹き出しの下に黄色い四画が現れ、
  ここの部分をドラッグすると吹き出しの位置を変更することができます。

 →

4再度枠をダブルクリックしてみてください。
「オートシェイプの初期設定」のウインドウが出てきます。
ここでは、塗りつぶしの「色」、線の「色」「実線/点線」「太さ」の変更をしてみました。

4このままでも吹き出しに文字は入るのですが、沢山の文字をより多く入れたい場合は
  テキストボックスを使って入れることもできます。
  テキストボックスの仕方についてはこちらをご参照下さい。
  下が吹き出しの完成例です。文章の行間隔の変更はこちらをご参照下さい。
  文字間隔の変更はこちらをご参照ください。
  尚、下の例では改行の印がついていますが、印刷されると入ってきません。

HOME